スマートコネクト マネージドサーバ

ユーザーサポートサイト>ソフト設定>メールソフトの設定>WindowsLiveメール(基本設定)

WindowsLiveメール(基本設定)

WindowsLiveメール(基本設定)

1.WindowsLiveメールを起動すると、アカウント設定の画面が表示されます。

2.下記のように情報を入力して、[次へ]をクリックしてください。

項目 入力内容 入力例
電子メールアドレス お客様のメールアドレスを入力してください。(ユーザID@ドメイン名) someone@example.com
パスワード コントロールパネルにてユーザID作成時に
設定いただいたパスワード
パスワードを保存する(B) チェックを入れます。
表示名 送信するEメールの差出人に表示されます。
お客様のお名前など任意の文字を入力してください。
マネージドサーバ
手動でサーバ設定を構成する(C) チェックを入れます。

3.下記のように情報を入力して、[次へ]をクリックしてください。

項目 入力内容 入力例
受信サーバ情報 サーバの種類 POP3もしくはIMAPを選択してください。
※画面はPOPを選択した場合のものです。
※送信・受信共に入力内容は同じです。
受信サーバ情報 サーバのアドレス ご利用のサーバ名をを入力してください t12345.mngsv.jp
ログオン ユーザー名 自動的に入力されています。
送信サーバ情報 サーバのアドレス ご利用のサーバ名をを入力してください t12345.mngsv.jp
送信サーバ情報 認証が必要(A) チェックを入れます。

4.下記の画面が表示され、電子メールアカウントの追加が完了します。[完了]をクリックしてください。

5.WindowsLiveメールが起動しますので、先ほど設定したメールアカウントをクリックして選択し、メニュータブの[アカウント]をクリックします。

6.2段目のメニューから[プロパティ]をクリックします。

7.先ほど設定したアカウントのプロパティが開きますので、[詳細設定]のタブを選択します。

8.「サーバにメッセージのコピーを置く(L)」のチェックを外します。

10. [詳細設定]タブの[送信メール(SMTP)(O)]の数値を「25」から「587」へ変更し、[適用]ボタンをクリックし[OK]をクリックしてください。

マネージドサーバでは、SMTPポートを25ポートで利用することはできません。
Submissionポート(SMTPポートを587ポート)で設定して頂く必要がございます。

以上で設定は完了です。自分のアドレスにテストメールを送信して正常に送受信できるかご確認ください。