スマートコネクト マネージドサーバ

ユーザーサポートサイト>操作マニュアル>サーバ移行ガイド>1.移行の流れ

1.移行の流れ

サーバ移行のスケジュール

※1 マネージドサーバにドメインの指定事業者/レジストラ変更を行う場合は、ドメイン名の管理が当社に移行されてからの作業となります。指定事業者/レジストラ変更は現在管理している事業者の作業が発生します。そのため変更には1~2週間程度必要となる場合もあります。

※2 旧サーバの解約手続きはマネージドサーバへ移行作業を行いコンテンツの動作や各種機能が正常に利用できることを確認したあとに行ってください。

※3 旧サーバの停止は5(DNSサーバ切替)の後となるようなスケジュールで旧サーバの解約手続きを行ってください。

サーバ移行の準備

DNSサーバ切替前にサーバ設定やドメイン設定を行った後、下記の設定作業を必ず実施してください。

1.メールアカウント(ユーザID)の登録
メールアカウントで利用しているユーザIDの登録を行います。
(例)「abc@お客さまドメイン名」というメールアドレスを利用している場合、「abc」がユーザIDとなります。

2.Webコンテンツを転送
WebコンテンツをFTPを利用して転送します。また、転送後、ブラウザからテスト用ドメインへアクセスし転送したホームページが正常に表示、動作していることを確認してください。

3.各種プログラム(CGIやPHPなど)の動作確認
CGIやPHPをご利用の場合、設置したプログラムが正常に動作していることを確認してください。

注意!サーバ移行の準備をしておかないと…
サーバの準備を行わずに切替をしてしまうと
※1 マネージドサーバにEメールが届いたとしてもメールアドレスがないためエラーメールが送信元に戻ります。
※2 マネージドサーバにホームページのアクセスがあったとしても、データがないためエラー表示となります。

並行運用期間

指定事業者やレジストラ(ドメイン登録申請機関)に登録されているDNS情報を切り替えても、1~2週間程度以下の状態が発生します。

サーバ移行後に旧サーバが停止している(並行運用していない)と…
※1 マネージドサーバに配送されたEメールは受信できますが、DNSキャッシュにより旧サーバに届けようとしたEメールは送信先サーバを失いエラーメールが送信元に戻ります。
※2 マネージドサーバへアクセスされた場合、ホームページは正常に表示されますが、DNSのキャッシュにより旧サーバにアクセスがあった場合、ホームページはエラー表示となります。