スマートコネクト マネージドサーバ

ユーザーサポートサイト>操作マニュアル>メールの設定>メール転送

メール転送

メール転送

利用者は、ユーザIDにひもつくメールアドレス宛てに来たメールを別のメールアドレスに転送できます。
転送先アドレスを最大100件まで設定できます。また、転送時に本サービスのメールサーバにメールを残すか残さないかも設定できます。

■追加、削除方法

  1. 左メニューの「ユーザ」-「ユーザ一覧」をクリックしてください。
  2. 左メニュー

  3. メール転送を変更するユーザをクリックしてください。
  4. ユーザ一覧

  5. 「自動転送」の「設定」をクリックしてください。
  6. 設定一覧

  7. 設定画面が表示されます。最初に自動転送の設定を行う場合は、「設定」のチェックを「有効」にしてください。設定を止める場合は「無効」にチェックしてください。
  8. メール転送を設定した際に、サーバにメールを「残す」を選択すると、メール転送を行ったうえでサーバ内にもメールを残すことになります。
  9. 転送先アドレスを追加したい場合は、3.で表示された「転送先アドレス」を残したまま、転送先のアドレスを入力してください。

    複数の転送先を指定する場合は、各転送先メールアドレスを ,(カンマ)で区切ってください。

    削除する場合は、当該のメールアドレスを削除してください。

    テキストエリアに何も入力せず「設定」をクリックした場合はメール転送の設定を解除します。

  10. 転送先アドレスとサーバにメールを残すか否かの設定が正しいことを確認して「更新」をクリックしてください。
    転送先アドレスは一括追加することが可能です。
    入力後「リストに一括追加」ボタンを押してください。
    追加完了後「更新」ボタンをクリックしてください。
  11. 自動転送設定画面

メール転送機能(”サーバに残さない”に設定)と自動返信機能を併用する場合、自動返信機能は動作しませんのでご注意ください。

迷惑メールチェック設定で隔離を選択されてるお客様は、「残さない」に設定されますと、メールが届かなくなります。

転送先が、マネージドサーバで利用しているメールアドレスの場合、転送先でも迷惑メールチェックを利用したい方は、転送元と転送先の迷惑メールチェック設定を同じにしてください。