スマートコネクト マネージドサーバ

ユーザーサポートサイト>操作マニュアル>メールの設定>メールセキュリティ

メールセキュリティ

メールセキュリティ

Eメールの盗聴・改竄やspam、ウイルスの蔓延など、Eメール利用を取り巻く環境は常に脅威にさらされています。本サービスでは、お客様にEメールをより安心してご利用いただくための各種機能を用意しています。

インターネットが社会インフラ化した現在、増えつづけるspamは大きな脅威となっています。spamを撲滅するために政府、民間団体、事業者が相互に協力しあい、対策の検討を進めています。スマートコネクト マネージドサーバでは、迷惑メール対策の一環として「Submissionポート」に対応し、ご利用を推奨しています。

メールソフトと本サービスのサーバ間のメール送受信はEメールの基本的な設定では平文としてネットワークを流れるため、盗聴や改竄の危険があります。本サービスのメールサーバは「POP over SSL」「SMTP over SSL」「STARTTLS(SMTP)」の各種プロトコルに対応しており、メールソフトの設定により通信の一部または全部を暗号化し、盗聴や改竄を防止することができます。

また、本サービスのサーバは使用するプロバイダやネットワークを制限しておりませんので、インターネットに接続されていればどのプロバイダやネットワークを使用してもご利用いただけるようになっています。 このようなメールサーバでは、何らかのセキュリティ対策が取られていないと第三者による不正なEメールの中継に使用される危険が発生します。 本サービスのメールサーバでは「SMTP-AUTH」という方式のメール送信制限をかけることによってお客様のメールサーバが不正に使用されることを防止しています。

Submissionポート

Submissionポートとは、ユーザがメール送信時に利用するメールソフトとスマートコネクト マネージドサーバ間の通信に用いる、スマートコネクト マネージドサーバとその他のメールサーバ間の通信で用いるポート(ポート25)とは異なるメール投稿に特化したポート(ポート587)のことを指します。
スマートコネクト マネージドサーバのSubmissionポートでは、Eメールの不正中継防止のため、ユーザ認証(SMTP-AUTH)を必須とし、またメールソフトの対応状況に応じてTLSを利用した暗号化にも対応しております。

※マネージドサーバでは、SMTPポートを25ポートで利用することはできません

Submissionポート機能をご利用いただくためには、SMTPポート変更およびSMTP-AUTHに対応したメールソフトが必要です。また、TLSによる暗号化機能を利用する場合は、TLSによる暗号化に対応している必要があります。お使いのメールソフトの対応状況がご不明な場合は、各メールソフトのメーカーさまにお問い合わせください。

Submissionポート機能はメールソフトにて設定いただくだけで利用できます。 (サーバ側で設定の必要はございません。)

POP over SSL

POP over SSLは、SSLを利用してサーバとメールソフト間の通信を暗号化するメール受信方式です。通常POP3で利用される110番ポートではなく、専用の995番ポートを利用して暗号化通信を行います。POP over SSLを使用する場合は、本文もふくめたやりとりが暗号化されるためさらに安全にメールを受信することができるようになります。

POP over SSL機能をご利用いただくためには、POP over SSLに対応したメールソフトが必要です。POP over SSL機能に対応しているソフトであればほとんどの場合ご利用いただけます。お使いのメールソフトがPOP over SSLに対応しているかがご不明な場合は、各メールソフトのメーカーさまにお問い合わせください。

POP over SSL機能はメールソフトにて設定いただくだけで利用できます。 (サーバ側で設定の必要はございません。)

SMTP over SSL

SMTP over SSLは、SSLを利用してサーバとメールソフト間の通信を暗号化するメール送信方式です。通常SMTPで利用される25番ポートではなく、専用の465番ポートを利用して暗号化通信を行います。

※マネージドサーバでは、SMTPポートを25ポートで利用することはできません

SMTP over SSL機能をご利用いただくためには、SMTP over SSLに対応したメールソフトが必要です。SMTP over SSL機能に対応しているソフトであればほとんどの場合ご利用いただけます。お使いのメールソフトがSMTP over SSLに対応しているかがご不明な場合は、各メールソフトのメーカーさまにお問い合わせください。

SMTP over SSL機能はメールソフトにて設定いただくだけで利用できます。 (サーバ側で設定の必要はございません。)

STARTTLS(SMTP)

STARTTLS(SMTP)は、SSLを利用してサーバとメールソフト間の通信を暗号化するメール送信方式です。SMTP over SSLと異なり、通常SMTPで利用される25番ポートをそのまま利用して暗号化通信を行います。

STARTTLS(SMTP)機能をご利用いただくためには、SMTPのSTARTTLSに対応したメールソフトが必要です。SMTPのSTARTTLS機能に対応しているソフトであればほとんどの場合ご利用いただけます。お使いのメールソフトがSMTP のSTARTTLSに対応しているかがご不明な場合は、各メールソフトのメーカーさまにお問い合わせください。

SMTPのSTARTTLS機能はメールソフトにて設定いただくだけで利用できます。 (サーバ側で設定の必要はございません。)

マネージドサーバのSTARTTLS機能は「サーバ」←→「サーバ」間の暗号化通信は出来ません。予めご了承ください。

SMTP-AUTH

一般的にインターネットのメールは受信を行う時にのみアカウントとパスワードの認証が行われ、送信時に認証は行われません。 しかしSMTP-AUTHは通常認証が行われない送信時にもアカウントとパスワードの認証を行い、認証が正常に行われた場合のみサーバがメールの送信を許可します。

【SMTP-AUTHを解除する方法】
SMTP-AUTHで制限を回避するには、SMTP-AUTH対応メールソフトにあらかじめ適切な設定を行う必要があります。設定方法はソフトごとに異なっておりますので、詳しくはソフト提供元にご確認下さい。参考としてWindows Outlookでの設定手順を以下に掲載します。
なお、設定は通常のメールの設定を完了させた後で行ってください。 メールの設定がお済みでない場合は、メールソフトの設定のページをご参照頂き、通常の設定を済ませてから以下の手順に沿って設定を行ってください。

[Windows Outlook 2000 ・ Outlook Express 4.0/5.0]

  1. メニューバーの「ツール」から「アカウント」を選択してください。
  2. 「メール」タブをクリックして開き、表示されているスマートコネクト マネージドサーバのアカウントを選択して「プロパティ」をクリックしてください。
  3. 「サーバ」タブをクリックして開いてください。
  4. 「送信メールサーバ」欄の「このサーバは認証が必要」にチェックを付けて「設定」をクリックしてください。
  5. 表示された画面で「受信メールサーバと同じ設定を使用する」にチェックが付いている事を確認して、「OK」をクリックしてください。
  6. 「OK」をクリックして設定画面を閉じてください。

ウイルスチェック

本サービスのサーバを経由した送受信メールの添付ファイル(※1)およびHTML形式の本文に記載されたスクリプトやActiveXを呼び出す部分を検査し、ウィルスの検知・退避・通知を行います。
ウイルスを検知した場合は以下のような動作をします。

【メール送信時】
ウィルスに感染したメールの送信を停止し、差出人アドレス宛にそのことをお伝えする警告メールを送信します(※2)

【メール受信時】
ウィルスに感染したメールの送信を停止し、宛先アドレス宛にそのことをお伝えする警告メールを送信します(※2)

送信者と受信者が同一サーバに設定されている場合、ウィルスチェックシステムは送信時と受信時の処理が両方行われます。

ウィルスチェックにより当社サーバに退避させた添付ファイルやメール本文はお客様に提供いたしません。ウィルスチェックソフト大手のウィルスチェックエンジンを利用し、ウィルス定義ファイルを定期的に更新しています(※3)

※1:圧縮ファイルは次の形式のものに対応しております。 ただし、圧縮が8段階以上繰り返されている場合や圧縮ファイルにパスワードが設定されている場合は対象外となります。

ZIP , ARJ , LZH , CAB , RAR , TAR , GZIP , BZIP2 , EXE

Mac OS(Kanji Talk)上で動作するネイティブなバイナリウィルス、 リソースフォークに感染するウィルスは検知できません。

※2:警告メールにより第三者に影響をおよぼしていると当社が判断した場合、警告メールの配信を一時的に停止する場合があります。

※3:ウィルス検知の精度についてはウィルスチェックベンダから提供されるソフトウェア及び定義ファイルにより提供される精度に依存します。当社は、本サービスが全てのウィルスを検知できることを保証するものではなく、本サービスの誤用等に起因するお客様の被害に対しては責任を負いかねます。

警告メールを送信停止する設定方法(ウィルス警告メール設定)

  1. コントロールパネルにログインしてください
  2. 「ウィルス警告メール設定」-「送信する(推奨)/送信しない」をクリックしてください。[デフォルト:送信する]
  3. 送信しない」を選択し、「設定」をクリックしてください。「ウィルスチェックの警告メールを「送信しない」に変更しました」と表示されます。

(ご注意)

※警告メールを送信しない設定にすると、ウィルス付のメールが配信停止された事実が通知されませんのでご注意ください。 警告メールを送信する設定を推奨しております。

※警告メールを送信しない設定とした場合でも、あなたがメンバとなっているスマートコネクト マネージドサーバに設定されたメーリングリスト宛てにウィルスメールが届いた場合は、警告メールがあなた宛てに送信されます。