スマートコネクト マネージドサーバ

ユーザーサポートサイト>お知らせ>新着情報>インストーラー機能のバージョンアップ等の標準機能の変更について

インストーラー機能のバージョンアップ等の標準機能の変更について

更新日:2018.05.21

平素は「マネージドサーバ」をご利用いただきまして、誠に有難うございます。

本日より「スマートコネクト マネージドサーバ」にて「標準機能」を変更いたします。

今後も、お客さまにより快適にご利用頂けるよう一層のサービス向上に取り組んでまいります。引き続き当社サービスをご愛顧いただきますよう、お願い申し上げます。

変更内容

  1. WordPressインストーラーのバージョンを「4.9.5」へ変更
  2. Roundcubeインストーラーのバージョンを「1.3.6」へ変更
  3. EC-CUBEインストーラーのバージョンを「3.0.16」へ変更
  4. メール機能の「postmaster」宛メールに関する動作の変更
  5. 標準php.iniの一時ファイル保存ディレクトリの変更

変更実施日

平成30年5月21日(月)

変更内容の詳細

  1. WordPressインストーラーのバージョンを「4.9.5」に変更
    「4.9.5」では、「4.9.4」に対するセキュリティ脆弱性対応が含まれています。

    詳細はWordPress公式サイトをご確認ください。
    http://wpdocs.osdn.jp/Version_4.9.5

  2. Roundcubeインストーラーのバージョンを「1.3.6」に変更
    「1.3.6」では、「1.3.3」に対するメンテナンス修正、セキュリティ脆弱性対応が含まれています。

    詳細はroundcube公式サイトをご確認ください。

    (1.3.4での変更点)https://github.com/roundcube/roundcubemail/releases/tag/1.3.4
    (1.3.5での変更点)https://github.com/roundcube/roundcubemail/releases/tag/1.3.5
    (1.3.6での変更点)https://github.com/roundcube/roundcubemail/releases/tag/1.3.6

  3. EC-CUBEインストーラーのバージョンを「3.0.16」に変更
    「3.0.16」では、「3.0.15」に対するメンテナンス修正、セキュリティ脆弱性対応が含まれています。

    詳細はEC-CUBE公式サイトをご確認ください。

    (3.0.16での変更点)https://www.ec-cube.net/news/detail.php?news_id=296

  4. メール機能の「postmaster」アカウントについての仕様変更
    従来、「postmaster」アカウントはお客様ではアカウントを作成できず、サーバ上では存在しているアカウントの為、「postmaster」アカウント宛に送付されたメールは、「admin@ドメイン名」に変換させて配送しておりました。

    本仕様を変更し、一般アカウントと同様にお客様にて作成することが可能となります。
    ※ただし、メーリングリストとしてはご利用できないアカウントとなります。

    既にドメイン設定を行っているドメイン名の「postmaster」アカウントに関しては、当社にて一般アカウントを作成させて頂き、「admin@ドメイン名」に転送する設定を実施させて頂きます。

    • 既存ドメイン名の「postmaster」アカウントは以下となります。
      (変更前) 「postmaster」アカウントはコントロールパネルから作成不可
      「postmaster」宛のメールは、「admin@ドメイン名」に変換され受信
      (変更後) 「postmaster」アカウントを一般アカウント当社にて作成
      「postmaster@ドメイン名」から「admin@ドメイン名」に転送する設定
      を当社にて実施

      ※なお、当社にて「postmaster」アカウントを作成した「postmaster@ドメイン名」で受信されたい場合には、「postmaster」アカウントのパスワードを変更の上、転送設定を解除してご利用ください。

    • 以降作成されるドメイン名の「postmaster」アカウントは以下となります。
      (変更前) 「postmaster」アカウントはコントロールパネルから作成不可
      「postmaster」宛のメールは、「admin@ドメイン名」に変換され受信
      (変更後) 「postmaster」アカウントはコントロールパネルから作成可能
    • 標準php.iniの一時ファイル保存ディレクトリの変更
      標準で作成されるphp.iniの一時ファイルの保存ディレクトリを以下とさせていただきます。

      upload_tmp_dir = /data/domain/(マネージドでご利用中のドメイン名)/tmp
      

      なお、既に作成されているドメインの標準php.iniについては変更されません。
      稼働中のホームページのPHPバージョンを切替する際は、お客さまにて標準php.iniの修正が必要になる場合があります。

      本日より提供される標準php.iniを参考に修正ください。
      http://support.mngsv.jp/mnl/prg/n03/phpini/

注意事項

  • インストーラー機能のインストール後の運用について
    お客さまが「スマートコネクト マネージドサーバ」にアプリケーションを導入する際に行なう代表的作業(サーバーの環境に合わせたアプリケーションプログラムの変更等)を自動化し、ボタン一つでアプリケーションのインストールを可能とする機能です。
    インストール後のバージョンアップ等はお客さまにて実施いただく必要があります。
  • アプリケーション及びプログラムが動作しない場合について
    インストーラー機能及びお客さまにてインストールしたアプリケーション及びプログラムが動作しない場合は、お客さまにて提供元にご確認ください。

今後とも、弊社サービスをご愛顧いただきますようお願い申し上げます。